検索

ヨガは快楽?

ヨガを始めた頃

私にとってヨガは快楽でした。


気持ちよくって楽しいもの。


エアロビクスの指導者時代の頃の事なので

それと比較していたところもあります。


人に見せるためにやらなくていい。

カラダを酷使することがない。

マイペースに過ごせる。

ココロにアプローチできる。

とにかく心地良い。


そんなヨガが、ただの快楽ではなくなって久しいです。


ヨガは、自分にバランスを取り戻す手段。


カラダが重たくて、何にもしたくない時。

予定がなければダラダラ過ごすことも。

でもそうもいかない時、マットに乗って呼吸をカラダに通わせ

怠惰なカラダとココロにムチ打つように動いてみる。


ココロが忙しなくて、居ても立っても居られない時。

言葉通りただ居ることも立つこともままらない訳だから

その間を埋めるようにあれこれ刺激にまみれたい。

でもそれをグッと堪えて坐ってみる。


どちらも、取っ掛かりはしんどい。

そしてこれらのヨガは、まさしく修練。

でも、それに取り組んで後悔した事は一度もない。


ヨガは、至福をもたらす。

快楽以上のものを。

だから、ヨガと共にいる。